본문바로가기

  • 대학교
  • オーダーメイドプラン
  • 限定イベント
  • お部屋探し
  • お得なSEKC クーポン
TOP

韓国にあるエージェントを選ぶ理由

HOME > 韓国にあるエージェントを選ぶ理由

韓国語学留学の場合

あなたの留学アドバイザーはだれですか?韓国ネイティブスピーカーですか?それとも韓国のニュースや新聞を一瞬で全て理解できるほど韓国語の実力がある方ですか?
あなたが目指しているのは、本場の韓国に留学すること!という部分をしっかり考えてからアドバイザーさんに会いましょう!

SEKC本社である韓国現地の事務所には、韓国現地大学出身のネイティブスタッフが多く、現地に対して詳しいので、留学希望者に向けてぴったりの学校や、現地の最新情報等を基にアドバイスや対応することが可能です。
また、事務所が韓国現地にあるので、各語学学校の最新情報や現地での評判は、どこよりも早く知ることができ留学生と語学学校との間でトラブルがあった時の対応など、スムーズにサポートすることが可能です。

韓国ワーキングホリデーの場合

韓国ワーキングホリデーについて相談できるカウンセラーさんなら、もちろん韓国で何年かは働いた経験があるんだろうな~!!と、思われがちですが、実際、この留学業界では韓国で働いた経験がないカウンセラーさんが非常に多いです。
ワーキングホリデービザ申請と滞在地の手配だけで、韓国ワーホリ生活を安心して進められると思うのは危ない考えです!
韓国現地で仕事経験が豊富なカウンセラーにきちんと相談し、充実した韓国ワーホリ生活を過ごしましょう!

滞在地や周辺環境について

韓国現地で有名な地域である新村(シンチョン)や弘大(ホンデ)の周りの環境は、韓国現地の人々からどのような評判を得ているのか、知りたくありませんか?

日本と韓国は隣同士の国なので、お互い色々なところが似ています。ですが、やはり海外なので、生活環境や文化スタイル、各規則などはやはり異なります。
日本で生まれ、今まで生活してきた生活の慣習や文化、自分自身の個性などを外国の地に合わせて一瞬で変えるのは難しいでしょう。韓国の各地域や滞在施設に対して、専門的な知識に基づき、各留学生が希望する地域、また個人個人の生活スタイルを維持しながら、スムーズに韓国の滞在地や環境にも慣れるようサポートしています。

現地サポートについて

韓国での留学だけでなく他国の場合でも、ほとんどの留学会社のサポートが留学初期に集中されている理由は何だと思いますか??
一番の理由は、海外生活が始まった時から約3ヶ月間は言葉の問題や、慣れない環境と文化、人々に適応するまで時間もかかるし、ストレスや困ることが多いからです。
しかし、留学生活って初期だけではないため、途中に困ったことや相談などが必要な時はどうすればいいでしょう?
想像はしたくないですが、もし最悪の事態が起きた時に自分が被害者として警察署へ行ったとしたら、現地の日本語ができる誰かが来てくれて、誰かが色々と手伝ってくれるでしょうか?
留学会社は日本にあるのに、すぐに来ることができますか?
しかも、助けに来てくれる方は日本語のできる韓国人でないといけません。
留学先現地での留学生初期適応がかなり難しいため、現地サポートは初期に集中されていることもありますが、現地で継続的に直接会うことや、様々な状況に対してのサポートや対処などが出来ないのも一つの理由だと思います。

文化生活やプログラムについて

韓国での各文化は、変化の速度やトレンドが速いです。
ファッションだけでなく、美容・遊び方・食べ物など全分野にかけて新しいものが出てきたり、変化されたりします。
では、一体韓国の最新トレンドって何でしょうか?どうやって分かりますか?
現地のネイティブ達もかなり関心を持たない限り、最新の韓国文化やトレンドに対して分からない場合が多いです。
明洞で日本語のできる店員さんが多くて、帽子をかぶってメガネをかけている素朴な雰囲気の大学生が多い理由は何でしょうか?
テレビで見たおしゃれな韓国人は一体どこにいるのでしょうか??
皆さんは外国人観光客でなく、韓国の大学に通っている留学生や、ワーホリで韓国現地にて働いたり、メイクアップやダンスなど各専門文化を身に付けている留学生です。
現地の最新トレンドに合わせたオススメの留学先、文化授業のカリキュラム、語学学校や滞在地がある地域、文化活動に基づきカウンセリングができます!!
皆さんの充実した韓国留学生活に適応したサポートが可能です。

現地での緊急トラブル発生時や留学途中での問題や相談について

現地で信頼ができ、手伝ってもらったり、気軽に相談できる人がいるというのは海外で留学生活を送っていく中、一番重要なことです。これからの自分に予想ができないどんなトラブルがあるか分からないのは、海外だけでなく日本生活の中でも同じでしょう。
それが海外なら更に不安になり、言葉の壁に加え、文化の問題など予想できないことが多くなります。
その時、現地で相談できる機関や、日本語ができる現地のカウンセラー、急に何かトラブルがあった時に駆けつけてくれる人などがいたら、もっと安心・安全な海外での留学生活ができると思います。

そのように頼りにできる人は、その国に1年や2年住んだことがある日本人の友達、現地の大学生では無理でしょう。
日本で1~2年間留学したことがある外国人が、日本に対して詳しく分かると思いますか?
また、日本の大学生が詳しく留学先や滞在先の状況を把握して、大人とやり取りができますか?
それと同じ理論で考えると、韓国でも色々な相談に乗ってくれてサポートをしてくれる現地の留学専門家や1~2年ではなく、韓国現地に長い間住んでいる日本人のカウンセラーが必要となります。